提供: 日本ゲノム微生物学会

移動: 案内, 検索

国際シンポジウム Genome Evolution at Mishima (GEM)のお知らせ



日時:2017年3月27日(月)〜29日(水)
場所:国立遺伝学研究所 講堂
シンポジウムホームページ:http://www.saitou-naruya-laboratory.org/meetings/GEM_March0017.html

進化学は現在すべての生物学の中心に位置しています。そしてゲノム進化はあらゆる階層の生物進化の基礎となっています。一方、中立進化はゲノムが進化してゆくうえで、きわめて重要なメカニズムです。1960年代に故木村資生によってはじめられ、太田朋子らによって発展された中立進化論誕生の地であるここ国立遺伝学研究所で研究していることを、わたしたちは誇りに思っています。
このシンポジウムでは、ウイルスからヒトまで、ゲノム進化の多様な側面を議論したいと考えています。30名以上の講演者が、ゲノム進化に関する現状を発表します。

ポスター発表も歓迎します。ポスターの大きさは、縦162 cm、横116 cmです。発表を希望される方は、GEM運営を担当している斎藤研究室までご連絡ください。

聴講だけも歓迎します。参加を希望される方は斎藤研究室までご連絡ください。

登録費用などは必要ありません。
多数の方々が参加されることを願っております

斎藤研究室メールアドレス:saitounr@nig.ac.jp

Global Symposium GEM <Genome Evolution at Mishima>



Dates: Monday, March 27th - Wednesday, March 29th, 2017
Place: Lecture Hall, National Institute of Genetics, Mishima, JapanSymposium
webpage: http://www.saitou-naruya-laboratory.org/meetings/GEM_March0017.html

Evolutionary study is now at the center of all biology, and genome evolution is basis of evolution at any level of organisms.
Neutral evolution is a very important mechanism for genomes to evolve. We at National Institute of Genetics are thus proud of being here, the birth place of the neutral theory of evolution, started by late Motoo Kimura in 1960s and developed by Tomoko Ohta and others. We would like to discuss many aspects of genome evolution from virus to human in this symposium. Over 25 invited speakers will present current status of researches in genome evolution.

We will also welcome poster presentations. Poster size is length=162cm and width=116cm. If you are interested in presenting your poster, please contact GEM administrative office at Saitou Lab.

Attendance only is also welcome. If you are interested in attending this symposium, please contact GEM administrative office at Saitou Lab.

Registration is free of charge.We hope many people will attend this GEM symposium.
Saitou Lab email address: saitounr@nig.ac.jp




  Copyright © 2007-2015 Society of Genome Microbiology, Japan · Contact